男の人

経費精算で効率よく仕事をしよう|安全に会社を管理する秘訣

オシャレな印鑑を使用する

印鑑

耐久性の高さ

実印といえば取引先との契約や不動産登記など重要な場面で使用することになりますので、比較的高級な印鑑を用いることがほとんどです。近年では、パワーストーンのような石を実印に取り入れているような場合もあります。実印はそうそう買い替えるものではありませんので、耐久性の高いものが人気です。象牙製のものや高級木材性のものもありますが、耐久性という点ではチタン製のものに人気があります。チタン製の印鑑にパワーストーンをはめ込むことによって、オシャレで魅力的な印鑑にすることができます。重厚感のある印鑑とは違いますが、オリジナリティーの高い印鑑になることは間違いありません。他にはあまり見かけないものだからこそ貴重なのです。

アタリの必要性

通常であれば印鑑にはアタリと呼ばれる上下の目印がついています。このアタリがあることによって、上下を間違わずに素早く印鑑を押すことができるのです。しかし、実印の場合アタリが付いていないのが一般的です。このため、上下が分からなくて押しにくいと思った人も少なくないはずです。これは、実印が大切な時に使用するものだからです。取引先との契約書など重要な時には、じっくりと考えて印鑑を押すことが必要です。そのための最後の瞬間が、印鑑の上下を確認する時なのです。アタリがあればすぐに押してしまいますが、アタリがないと一瞬ですが冷静になって考え直すタイミングがあります。契約書に押すべきかどうか最後のタイミングなのです。